バナー

脱毛サロンで用いられる施術方法について

脱毛サロンを選ぶ際に迷うことの1つに、用いられている施術の名称があります。

例えば、フラッシュ脱毛、光脱毛、美容脱毛、IPLやSSCなどと様々な名称が用いられており、どこがどう違うのか分からないことがほとんどです。
脱毛サロンの利用では、納得できる脱毛にするためにも施術に関して理解をしておくことが大切になります。



まず、一般的に用いられているフラッシュ脱毛と光脱毛は、呼び方が異なるもの同じ手法を指します。

また、美容脱毛やハイスピード脱毛、VIP脱毛など脱毛サロンごとに用いられてる名称は全て光脱毛に含まれ、簡単には、各サロンが掲げるサービス名となります。

異なる点は光脱毛がIPL脱毛とSSC脱毛の2種類に分かれることがあり、さらに、サロンによっては採用をしているそれぞれの脱毛法に、独自のサービス名を設けているケースもあります。

IPL脱毛はIntensePulsedLight(インテンス・パルス・ライト)を略して表現されており、この方法は、メラニン色素に反応することで毛根にダメージを与え、毛の抜け落ちを促進させます。



日本に最初に紹介された光脱毛としても知られており、もともとはシミや痣などの治療として使用されていた経緯から、脱毛と同時に美肌効果も期待できるというメリットがあります。
SSC脱毛はSmoothSkinControl(スムース・スキン・コントロール)の略称です。イタリアで開発された美肌効果も期待できる施術になっており、この方法は、専用のビーンズジェルを施術部位に塗り、光のエネルギーで植物由来の植物由来の制毛成分を毛穴に浸透させ、毛が生えてくるのを抑える方法となります。