審美歯科はどこまで保険適用される

バナー

審美歯科はどこまで保険適用される

審美歯科は歯の美しさに焦点をあてた総合的な歯科治療のことで、機能的な面と審美的な面を持っています。機能面には虫歯などで欠けた歯を補綴という方法で、詰め物や被せ物による見た目をよくする治療です。



審美面には、より歯の美しさを良くする治療となります。

具体的な治療内容は、歯列矯正、ホワイトニング、オールセラミック、ラミネートベニアなどがあり、審美的な治療に関しては保険外となることがほとんどです。


歯の欠けた部分を補綴によって治療する場合、保険が適用されますが、その保険範囲内でできることは限られていています。
審美歯科が保険内でできる範囲としては、前歯に硬質レジン、奥歯には銀を被せる治療です。

どちらも機能的には問題のないことですが、審美的に気になるところです。

wikipedia情報に精通したサイトです。

硬質レジンは治療直後には自然な状態に見えますが、変色しやすく耐久性が低いのが欠点で、数年で欠けたり色の違いが目に見えて出てきます。

耐久性があり天然歯と違和感のない色を出せるセラミックや、生体親和性が高く金属アレルギーの人にも安全に使える金の治療は、保険適用外となるため費用がかかります。



最近では美白意識の高まりから、肌や歯を白く見せたいという女性も多く、ホワイトニングを希望する人も多いです。

審美歯科のホワイトニングは、歯の明度を向上させ白くする方法で、ブリーチングと呼ばれますが、審美性や見た目に分類されるため、基本的に保険適用外となります。
歯を美しく見せたいという願望は誰にでもあるものですが、審美を突き詰めていくと大変な費用がかかってしまいます。


まずは医師と相談して、どれだけの予算で抑えるか検討することが大事でしょう。