インプラントとCTやMRI

バナー

インプラントとCTやMRI

特に日本の医療機関で普及が進んでいるCTは、レントゲン撮影の一種ですが、体内の立体的な構造を把握できることが特徴です。

インプラント治療を行なう際にも、CTで顎の形や血管・神経などの様子を撮影し、埋め込む位置を決定する医療機関が多くなっています。

CTがなくてもインプラント治療は可能ですが、3次元的な画像を利用したほうが精度が高くなり、安全な手術ができるようになります。



CTやレントゲンを撮影するとき、金属製のアクセサリーなどを身に着けていると、X線が反射してうまく撮影できないことがあります。

快適な暮らしを実現するためのブログ情報のご紹介です。

インプラントも金属ですから、レントゲン撮影ができなくなるのではないかと心配する方もいます。

しかしインプラントがチタン製であれば、乱反射がほとんど起こらないため、CT撮影に支障をきたさないとされています。


ただし金属製の義歯などはノイズの原因になるため、医師と相談することが必要です。

なお多少のノイズがあっても、診断の邪魔にはならないことが多いようです。

CTと似た医療機械にMRIがあります。



こちらはX線ではなく、磁気で体内の様子を撮影する装置です。

鉄など磁性のある金属は、MRIによる診断の障害になります。

しかしチタン製のインプラントは磁石には反応しないため、基本的にMRIによる診断は問題なく行なえます。


ただし人工歯根の上に磁石で義歯を装着している場合は、MRIの画像が乱れるので、取り外さなければなりません。